木崎湖のバス

長野県大町市にある木崎湖。
仁科三湖の一つで、山々に囲まれた周囲6.5kmの小さなクリアレイクですが、その豊かな自然とのんびりとした雰囲気の中で、スモールマウスバスが狙える国内で数少ないフィールドであり、少数ながら大型のラージマウスバスも狙えることから、長年多くの釣り人を魅了しています。

また、1年を通して水質が良く、シャローからディープまで水草が繁茂し、オイカワ、ワカサギを始めとしたベイトフィッシュやエビ類も豊富に育っているため、釣れる魚のプロポーションが良いのも木崎湖の魅力です。

※ポイントマップはクリックで拡大します。

なお、木崎湖に限ったことではありませんが、クリアウォーターでの釣りになりますので、ポイント付近では遠目から狙うのが基本になります。早めにエンジンを切り、エレキで静かに近づくだけで釣果に差が出ることが多くあります。

併せて、ポイントや進路に釣り人やレジャーのお客様等がいる場合は、大きく迂回するなどのご配慮もお願いいたします。

スモールマウスバス

ここ木崎湖でメインとなるのは、やはりスモールマウスバス。
平均サイズは30cm台ですが、よく言われているように非常に引きが強いため、たとえ大きくなくてもその姿をなかなか見せないのが特徴です。

大型を狙う方は、ぜひ、50cmアップや日本記録を超える魚を狙ってみてください。

なお、スモールマウスバスは非常に警戒心が強いうえ、湖の水質がクリアーであるため、ライトラインを使った釣りが有効な場合が多く、 ライトクラスのスピニングロッドに、3~4ポンドラインをセットしたタックルがあると色々と応用が利いて便利です。

より詳しい釣り方は、小森プロのアドバイスを参考にしてみてください。

ラージマウスバス

ラージマウスバスは、数は少ないながら、釣れれば40~50cmアップということが珍しくなく、現在まで、59cmが記録されています。

数ではスモールマウスに押されていますが、サイズが大きいだけにそのファイトも強烈です。
その多くが百戦錬磨で簡単には釣れない魚達ですが、強めのタックルで的を絞って狙ってみるのも面白いと思います。