木崎湖の巨大ヘラブナ

へら師の夢、50cmオーバー。

今、雑誌等で未開拓の信州・長野にある木崎湖が話題になっています。
それもそのはず、4月末から6月末の「のっこみシーズン」に浅場で見られる、地べらの多さには圧巻のひと言です。
産卵場の藻が多い木崎湖は自然孵化も順調で、その自然の豊かな湖で育った大型のへら鮒の容姿は、まさに「野武士」。

さらに、その容姿の素晴らしさに負けないのが、木崎べらの強烈な引きです。
その引きの強さに油断すればラインブレイクされることもあり、タナが深ければスリリングなやりとりが楽しめます。
木崎湖の大自然の中で育った野武士を思わせる巨べら、木崎べらを狙ってみてはいかがでしょうか。

陸釣りでは釣り場が限られていますので、当店のボートで未開拓の木崎湖を攻めれば、お客様の夢が叶うかもしれません。
シーズンは5月から7月初旬くらいがお勧めですが、それ以外の時期でも可能性はありますので、ぜひ挑戦してみてください

石井 旭舟 氏

平成21年5月9日雑誌「へら鮒」取材にて、日本全国で釣りをしている旭舟氏から「日本一のへらぶなだ!」と言って頂きました!

仕掛け

  • 竿は15尺から24尺、仕掛けは大型の地ベラを考え、道糸2号、ハリス1号~1.5号(30cm*40cm)で用意しておくと良いでしょう。
    振り出し竿でない場合は、穂先の1番から3番の「こみ」にビニールテープを巻くと竿が抜ける心配が少なくなります。
  • ウキはしっかりと錘を支えることが出来るボディー15cm前後のパイプトップの中が良いでしょう。
  • 針は上が8号~12号、下が6号前後の太軸の針をお薦めます。
    尺前後が頻繁に釣れるときもありますので、その時はハリスは0.8号を標準に考えてください。
  • エサは主にグルテンセットの固め。
    何故なら、大型の場合、水中での水流が大きいために解けてしまうからです。
  • 浮きの馴染み幅をしっかりとり、浮きの戻しが早くなって来たらいよいよ大型へらとの対決の始まりです。
    じっくりとグルテンを手もみして待ち、そして食わせます。
  • 釣り方は藻穴狙いの底釣りが主体で、風が強いときはドボンで試すと良いでしょう。
    そして藻穴の釣りのためにしっかりとタナを取ることが大切です。

料金表

桟橋 1日 2,000円
手漕ぎボート 1日 3,000円

上記料金に別途、消費税がかかります。

遊漁料は、1日券1,000円、年間券4,000円です。

その他

  • 遊漁券は必ずお買い求め下さい。
  • 夜釣りは禁止となっております。
  • 観光協会の浮き桟橋は使用無料ですが、当店のレンタルボートをご利用の上、漕いで渡ってください。
  • 桟橋は近隣住民の所有物ですので、無断係留等のないようご注意ください。
  • 岸着けロープはご持参ください。ボート岸着けの禁止区域は、当店に確認をお願いいたします。