木崎マス

木崎マスのルーツはビワマス(アマゴ)と言われています。
明治時代に移入されたものがサクラマス(ヤマメ)と自然交配を重ね定着したもので、大きくなると60cm以上にもなります。
成魚になると銀白色になり、アマゴ・ヤマメとの区別が難しく、産卵期になると雄はハナが曲がり、特徴が強く現れます。

かつては幻の魚と言われていましたが、木崎湖漁協が稚魚を放流し復活しました。

釣り方

その他